まさかの、ナンバープレート脱落の話。

e0235122_1382126.jpg

  ある朝、 なんと・・ 

    愛車のフロントナンバーが

     ・・なくなっていた!?




e0235122_144616.jpg

なんじゃこりゃあ
  ~~~~~っ!!!






さてさて、今回も過去(ソライロ時代)のトラブルのはなし。



まさかの盗難?? とも思ったけれど、リアのプレートはちゃんとあるし、
その日の前日は、深夜から朝方にかけて稀にみる集中豪雨だったので考えられない・・

事実、帰宅の途ではゲリラ豪雨の真っ只中を走るハメになり、えらい苦労をした・・

!!

はい、そういうことです!
走行中に吹っ飛んだってことです!


・・たしかに、けっこう深い水たまりで、一瞬グリップを失うほどヒヤリとした状況もあり、
フロントグリル部分にも水しぶきが大分かかったと思われる跡も残ってましたが・・ 

まさか、まさかのナンバー紛失には驚きましたね~  



いやはや、こんなこともあるんだなぁ~・・ と、呑気に、なかば呆然と思いつつも、

とりあえず最寄の警察署に遺失物の届け出。
まあ、見つからないでしょうけど →なんと、後日に見つかりました!



FIATディーラーの担当さんに再交付の手続きについて訊きました。

結論としては、

もし破損した状態でもプレートが残っていれば、同一ナンバーでの再交付が可能ですが、
紛失した場合は、新しいナンバーを再取得するという形になる、とのこと。

つまり、もし同じ番号がよければ、希望ナンバーを新規に申請するしかない。
新しいプレートの取得は申請から最低4日間を要するそうで、そのあと、
最寄の陸事に車を運んで取り付けるまでは、名無しのゴンベちゃん。 →乗れません。
(ナンバーが何でもよければ、即日。そのときある連番で取得可能らしい。)


悔しかったので、、同じ4ケタ番号を希望して、新しいプレートを湘南陸事で再交付。



しかーし、これがまた、すぐには付けられなかったのです。

というのも、ナンバープレートを固定するネジ受け部分のパーツも、
プレートごと一緒に失ってしまったからなんですね~・・


e0235122_641560.jpg

これがプレートごと吹っ飛んだ、ネジ受けの部分。(なんだか頼りない?)


最寄りのFIATディーラーさんに取り寄せてもらった純正部品です。
アルミ製の小さな筒状。コイツの根元がバンパー部分に圧着されてたわけですが、



e0235122_6155724.jpg

・・案の定、と言うべきか、

穴がスカスカになってしまってて、これでは固定が不可能。




e0235122_6274387.jpg

この部分(強化プラ)って、たぶん袋状になってて、裏側からナットで締めれない構造。
(中には緩衝材?みたいなものが詰まってました~)




まあ、しかし、 

なんだかんだで、ちょっと力業使ってでも何とか付けてもらえるかな~
って安易に考えていたのですが・・ 


フロントバンパー交換。
                         (・・おいおいッ!)



e0235122_649348.jpg

つまり、 ココを丸ごと取り換えようってハナシなわけで、そりゃあないよ・・


愛が無いよ。。







とゆーわけで、結局、困ったときのDIYで、

アレコレ試行錯誤しながら、自力でナントカ取り付けましたけどね~
(もちろん、安全性という面でも自己責任ではありますが)





【My 500 DATA】
 FIAT500 TwinAir LOUNGE (2012)
 ボサノバホワイト / LHD 5MT
 875cc (2気筒ターボ) 105ps
 走行距離: 28,685km

にほんブログ村 車ブログ フィアットへ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ


イタリア食材・通販 【Con te コンテ】
『安心・良質・美味しい!』 イタリア食材のオンラインショップ Since 2008
茅ヶ崎イタリアン食品店 【Teppo テッポ】
2014年3月にオープンした、食事もできる!ワインも飲める!実店舗 Facebook


[PR]
# by new500 | 2016-06-03 18:10 | 不具合・トラブル

デュアロジック不具合の話 (※過去の体験談です)

e0235122_23425657.jpg
FIAT CULTURE MAGAGINE 2017.01.31号にお店と愛車が載りました☆



まあ、僕はデュアロジックを卒業した身の上なのですが、故障の一歩手前だった体験談をここに。過去の覚え書き程度に。

前任のソライロ号(1.4 LOUNGE チャチャチャアズール)は新車から乗り始めて4年半、走行距離が45,000kmほどのところで、デュアロジックが不調になりました。



ご存知、フィアットのATトランスミッション(自動変速装置)は、デュアロジックという独特の機構で、内部的には5速マニュアルという代物。

クラッチ操作は自動なのでセミオートマチック車という分類になるわけで、もちろんAT限定免許でルール上OKですが、普通に「オートマ」と呼ぶにはどうかな?(・・といった話は、フィアット乗りの方々は周知の事実と思いますが。。)


その、自動でギアの切替を行うデュアロジック(油圧装置)に不具合が生じました。走行中の減速時に、ニュートラルに"ギア抜け"する症状。(コワイ)



そのとき、FIATデュアロジックの研究に熱心な「ガレージドッコ」さんに相談。(写真は車のコンピュータにスキャンツールを接続、診断してもらっている所)ちなみに、ドッコさんのデュアロジック関連記事はひじょーに読み応えありますよ~





e0235122_23431598.jpg


走行中にコンピュータがエラーを検知して、強制的にニュートラルになってしまう、いわゆる「ギア抜け」という、厄介かつ危険な症状が時折、走行中に何度か。


FIAT正規ディーラーさんの見立てでは、やはり予想通り、疑われる機構を丸ごとのアッセンブリー交換(すっげー高い)を勧められました。

スキャンツールでエラーのログは拾いつつも、先方のテスト走行では症状確認できなかったようなので、その際は保留。

そして、FIAT車のデュアロジックのメンテに詳しい「ガレージドッコ」さんの事を知り、実家のすぐ近くというご縁も感じて一度診てもらった。写真はその時の。



オイル漏れによる油圧低下で、ギアチェンジ時にコンピュータがエラー判定する?そういった状態ではないか、というディーラーさんでの見立てでしたが、

オイル漏れの形跡が視認できないこと、「ギア抜け」の症状も頻発してはいないこと、以上の理由から、ドッコさんでは「もう少し様子をみてみましょう」と入院せず。

ディアロジックのコンピュータ制御のセッティングを最適化してもらい、自身の運転も、ミッション系の負荷を軽減するように大分気を遣うようにしました。



何度か起こったのは、信号待ちのため減速、シフトダウンしていく過程で急にエラー音が鳴ってニュートラルになってしまうという症状。

幸い、徐行・停車する状況なので、ギアを入れ直すかキーオフして再始動すればとりあえず事なきを得られるわけですが、もし再度入らなくなった時はヤバイ。

一度だけ、茅ケ崎鉄砲道のお店の前の路側帯に停車時に、再始動でギアが入らなくなったことはあり。(キーオフ繰り返して、何かの拍子で入りましたが、ドナドナを半分覚悟しました・・)





2007年にリリースされたニューFIAT500も、走行距離を重ねた車両が増えて、やはり4~5万キロあたりでのディアロジック不具合が徐々に出てきてるとか。グランデプント時代から「鬼門」の一つとされてるらしいですね~





【My 500 DATA】
 FIAT500 TwinAir LOUNGE (2012)
 ボサノバホワイト / LHD 5MT
 875cc (2気筒ターボ) 105ps
 走行距離: 28,223km

にほんブログ村 車ブログ フィアットへ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ


イタリア食材・通販 【Con te コンテ】
『安心・良質・美味しい!』オンラインショップ
茅ヶ崎イタリアン食品店 【Teppo テッポ】
食事もワインも楽しめる!実店舗 Facebook






[PR]
# by new500 | 2016-05-28 02:06 | 不具合・トラブル

労をねぎらってのプラグ交換 FIAT500 TwinAir

d0343125_15284953.jpg


GWの10連休ならぬ、13連勤でしたので、
昨日よーやくお休みして愛車のプラグ交換に行って参りました~ (楽しみにしてました)

エクステリアもさながら、見えない部品を交換するのもワクワクしますね!



前任のソライロ号のとき、デュアロジック不調の相談に伺ったのがご縁の
大和の『 ガレージ・ドッコ 』さんにお願いしました。

d0343125_15443580.jpg

藤沢街道と246の合流点あたり、
横浜町田ICの数キロ手前に位置するドッコさん。

壁に塗り込まれた「ボッカ・デラ・ヴェリタ(真実の口)」が目印(?)


クルマが並行モノですし、ウチの実家がわりとご近所ですし、
今後とも何かとお世話になります~



d0343125_15302182.jpg


あっという間にエンジンカバーが外されて、ものの10分程度でスパークプラグ交換完了。

テキパキとしたプロフェッショナルならでは所作って好きです。
料理とかもそうだけど、道具の取り方ひとつとっても吸い付くように流動的。

ゆったりしたリズムにあって、的確で迅速。




d0343125_15351760.jpg


ご存知、FIAT500ツインエアは2気筒なので、点火プラグは2本です。
だいたい3万キロ毎くらいの交換が推奨のようですが、部品コストとしては有難いのかな。

当該車両は2.8万キロ走行で未交換だったのと、
なんとなーく吹け上がりに鈍さを感じた時期(その後なぜか絶好調・笑)があったので、

換えて損は無い点火系の消耗部品。 安価にチューニングです☆



d0343125_1535268.jpg


イイ感じに焼けて、減ってくれてて、おシゴトご苦労様でした!といった様相のプラグさん達。


ドコドコドコドコドコ・・・というお馴染み「ぱたぱたエンジン」で知られるTwinAirゆえ、
消耗した点火プラグを交換するだけでも劇的に乗り味は変化しますね。

もちろん吹け上がりは軽くなりましたし、アイドリングも滑らかかつ体感的にシャープ。

ツインエアの初期状態はこんなか~。と素直に感動。
(ならでは振動と音にすっかり慣らされてた僕たち)



2気筒への郷愁に加えて、唯一無二のドコドコドコドコドコ・・・
ぞっこんの人は多いことでしょう。(逆に許容できない人も多いとは思いますが)

狙ってるのか何なのか、ある意味ウーノ・ゼロ(あるかないか)で、
いかにもイタリア的な危ういバランス感覚が、絶妙にハマる魅力的なエンジンですなぁ・・

維持費の掛かるメンテナンスまでも、妙に楽しいクルマです。




d0343125_1535361.jpg


ツインエアは専用プラグらしく、市販品の代用が効かず純正プラグの一手のみとか。

NGKのmade in Japanだけど海外部品(日本→海外→日本)という、
めんどくさいよーでもあり、それもまた良し?な一品です。


ちなみに「Ricambi Originali (リカンビ・オリジナーリ)」がイタリア語で純正部品の意。
プラグ自体は「Candela (カンデーラ)」と言うようで、まんまキャンドル(ろうそく)。






【My 500 DATA】
 FIAT500 TwinAir LOUNGE (2012)
 ボサノバホワイト / LHD 5MT
 875cc (2気筒ターボ) 105ps
 走行距離: 28,185km

にほんブログ村 車ブログ フィアットへ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ


イタリア食材・通販 【Con te コンテ】
『安心・良質・美味しい!』 イタリア食材のオンラインショップ Since 2008
茅ヶ崎イタリアン食品店 【Teppo テッポ】

2014年3月にオープンした、食事もできる!ワインも飲める!実店舗 Facebook


[PR]
# by new500 | 2016-05-10 17:39 | 修理・メンテナンス

ABARTH用の3ペダルを流用。

d0343125_1939694.jpg


うちの500にペダルエクステンションを取り付けたく、純正部品を探してはいたのですが
FIATブランドでは見つけられなかったのでABARTH500の左MT用を入手。

念入りに画像検索をして、ペダル自体の形状はアバルトと同じか近いのでは、と
ちょっとチャレンジではありましたがオークションで安めだったので~




d0343125_2010767.jpg


クラッチとブレーキのペダルには元々のゴム製ペダルカバー(どちらも同じ)が付いています。

まあ、アバルト500も車格は同じなのだから、たぶん流用イケるだろー
ポン付けがダメでも、工作すれば何とかなる範囲じゃないかな、と希望的観測でした。




d0343125_19564575.jpg


よっしゃ、取り付け部分の形状一致。 ビンゴ!




d0343125_1957095.jpg


面の幅が少し広めでわずかに余るので、安全のためガッチリ固定する必要はあります。
3Mの両面テープと接着剤でフィッティングすれば問題なしでしょう。





d0343125_19571876.jpg

手元に届いた時点で、アクセルペダルの形と角度の一致を確認済みでしたから、
こりゃ大丈夫だな~と安心はしておりましたが、やっぱりキッチリ合うと嬉しいモノですなぁ・・

ガラスの靴がピタリと合った時の気持ちが、ちょっと分かった気はします。

アクセルペダルは、文字通りの生命線ですからキチンと接着します。
ちゃんとシリコンオフで脱脂して、車用のスーパーなんちゃらXとかの超強力なやつで。




d0343125_1958461.jpg


斜めにニョキっと生えてるアクセルに、エクステンションを被せることで見事に横一列に並びます。

こういうデザインされてます感は好き。




d0343125_19582249.jpg

ひとまわり大きい蠍入りのフットレストはやけにカッコ良く、いっそ部屋に飾りたい気も・・

元々付いてたプレートを外すのに、フロアマットを剥がさにゃならん様相で
ちょっと本気で考えかけたけど使ってナンボですからね~




d0343125_19583572.jpg

とりあえず上に重ねて貼り付けました。 両面テープで充分。




d0343125_19585816.jpg


装着のチェックも兼ねて、本付け前に何日かテストドライブして感覚的にも確認しましたが、
なんとなーく、クラッチペダルについては左足裏に違和感が気になって・・

厚みがある分なのか、単に慣れの問題なのか、
なんだかフワフワっとして、繋ぎの感覚が掴みにくい感じで~・・

クラッチだけ元のカバーに戻そうか?とも考えましたが、結果的には、ただの杞憂でしたね。

というか、はめ込みが甘いだけでした~ (すみません)
上の方がわずかに浮いていたので、そりゃフカフカするわけです。

キッチリ取り付けて、ガッチリ固定してあげれば、フィーリングも万事OKでした。

何はともあれ、ペダルに蠍マークが付いてるだけでも
なんとなーく速くなった気分になるので、安価なチューニングかも?





この度はチャレンジ成功ということもあり、大満足。

ただ、アバルトであっても右ハンドル用と左ハンドル用では異なる?という情報もあり、
無責任に流用は勧められませんので、検索ヒットでご覧の方も自己判断で楽しんで下さいませ。
(例えば500Sにアバルトの右用が合うかとどうかは分かりません)


ディーラーさんや専門のショップさんを通すのが安牌、というのは前提ですものね。





【My 500 DATA】
 FIAT500 TwinAir LOUNGE (2012)
 ボサノバホワイト / 左ハンドル 5MT
 875cc (2気筒ターボ) 105ps
 走行距離: 27,952km

にほんブログ村 車ブログ フィアットへ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ


イタリア食材・通販 【Con te コンテ】
『安心・良質・美味しい!』 イタリア食材のオンラインショップ Since 2008
茅ヶ崎イタリアン食品店 【Teppo テッポ】

2014年3月にオープンした、食事もできる!ワインも飲める!実店舗 Facebook


[PR]
# by new500 | 2016-04-21 21:36 | オプション&パーツ取付

ツインエアは速い。 考察

d0343125_18442169.jpg


ツインエアは速い。


2気筒875ccのエンジンから、ターボでパワーを稼ぎ出す現代のチンクエチェント・・!
コイツは2速・3速で引っ張りながら4000回転も回せば、あっという間に法定速度を超えていく。


とはいえ、そんな走りをしていれば、過給圧がガンガン掛かって燃費はもちろん悪化します。
燃費重視なら、2000回転前後でストン・ストンとつないでいけば、18km/Lくらいは
渋滞のない街乗りならラクに達成してくれるので、エコの観点でも優秀でしょう。

ウチのMTの場合、メーター内に表示されるシフトインジケーターに従って
積極的にシフトアップしていけば、エンジン特性にマッチした燃費性能を発揮してくれる。

しかし、このシフトアップインジケーター、2000回転程で「SHIFT UP」と指示してくるので、
平坦で流れている道路状況でもないと回転数落ちでノッキング必至ではあります。


ターボが効き始める前の低回転域の非力さは、
(デュアロジ車はともかく)徐行中の2速でもうっかりエンストするので、
ギリギリの低回転をキープしようとするよりは多少は回し気味の方が良いのかな、と。

実際、1000~1500回転あたりのガクガク感はちょっと居心地が悪いですし、

ぴゃーーー と加速させておいて、
スムーズに2000回転キープ&惰性走行で燃費を稼ぐ方が
現代版2気筒チンクのキャラには合ってる気がします。

もちろんイタリア車らしく、エンジンぶん回してキビキビ走るのも個人的には奨励したい~~


TwinAirが回してナンボなのは間違いなく、高速巡航よりも加速感。

過給圧かかってる音が聞こえ始めるくらいの
うひょー て感じのトルクの盛り上がり方が最高! (だいたい2500回転強あたり)


しかも法定速度の範囲で楽しいからイイ。

ABARTHほどの重低音ではないものの、かなりイイ音(けっこうでかい)ゆえ、
すんごい事になってるよーな錯覚が起こりますが、いたってフツーの速度です(笑)






【My 500 DATA】
 FIAT500 TwinAir LOUNGE (2012)
 ボサノバホワイト / 左ハンドル 5MT
 875cc (2気筒ターボ) 105ps
 走行距離: 27,251km

にほんブログ村 車ブログ フィアットへ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ


イタリア食材・通販 【Con te コンテ】
『安心・良質・美味しい!』 イタリア食材のオンラインショップ Since 2008
茅ヶ崎イタリアン食品店 【Teppo テッポ】

2014年3月にオープンした、食事もできる!ワインも飲める!実店舗 Facebook


[PR]
# by new500 | 2016-04-05 20:00 | TwinAirは速い。 考察


FIAT500 TwinAir Lounge LHD 5MT


by new500

プロフィールを見る
画像一覧

Cinquecentisto

『イタリア食材屋』店主&シェフの趣味ブログ。イタリアを愛してやまない37歳。うお座のAB型。2015年10月から、左MTのニューFIAT500 TwinAir(2気筒ターボ)が新たな相棒! メカ初級者なりの、覚え書き的な整備記録でもあります。

カテゴリ

全体
My500 TwinAir MT
500のイベント
FIAT王国 inイタリア
FIAT500と僕。
スペック&機能
オプション&パーツ取付
修理・メンテナンス
不具合・トラブル
洗車・カーケア
書籍・グッズ・おもちゃ
先代 ソライロ500
おともだチンク。
TwinAirは速い。 考察
左ハンドルについて。
マニュアルミッション
未分類

検索

最新の記事

<前回の続き> 浜名湖ミーテ..
at 2016-10-25 20:49
今年も楽しみな、フィアット祭..
at 2016-10-24 17:12
今年も出張販売カー in浜名..
at 2016-10-17 14:20
33,333km
at 2016-10-14 17:37
今年は短そうだけど・・ サン..
at 2016-10-12 20:19

記事ランキング

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
more...

フォロー中のブログ

Tutta Italia...
ぴよこのぶろぐ。
イタリア~ノ ご家庭レシピ
安全な食品で安心の子育て
空色チンクイーノ
ネットでイタリア食材 【...
teppomichi

ライフログ

ブログジャンル

車・バイク

画像一覧

その他のジャンル